よくある質問

どういった慢性痛の治療を行っていますか?慢性痛の治療法として「集学的リハビリテーション」「運動療法」「心理的アプローチ」があり、痛みに対する集学的なリハビリ治療は、日本ではあまり行われてきませんでしたが、外国では効果があることが知られていて広く行われています。
どのような人が治療の対象ですか?次のような方が対象になります。
■ 今まで長い間慢性の痛みに苦しんでいる方
■ 複数の病院を受診するも、自分に合った治療法が見つかっていない方
■ 従来の治療では治らなかったので、最新の治療に興味がある方
どういった治療スタイルがありますか?当院で行っている治療スタイルは2種類あります。
■ 入院での治療:入院集学的リハビリテーション
■ 通院での治療:集学的診療外来
より踏み込んだ心療内科的な治療が優先される場合は、連携している専門病院を紹介させていただいております。
受診するにはどうすればよいですか?医療機関の医師からの紹介状が必要です。
■ かかりつけ医へ当院を受診したいことをご相談ください。
■ 紹介状を書いてもらいます。
■ 紹介状を当院へ郵送してください。
■ 折り返し、担当者より連絡いたします。
■ 受診日程の調整を行います。
受診日:毎週月曜日 午後1時からとなります
初診ではどれくらい時間がかかりますか?概ね、初診では2.5時間ほどかけて、じっくりと包括的に診させていただきます
受診後、即入院したいのですが(初診の)集学的診療では、総合的な判断に基づき、治療方針を決定しております。
当院の入院プログラムは、医療行為を施すのではなく、患者さん自身の積極的な治療への参加が必要になります。そのためには、入院プログラムの趣旨や効果を十分理解していただく必要があります。
以上の理由より、即入院という形態はとっておりません。
何人の方が入院プログラムで治療されましたか?2015年より3週間の入院プログラムを開始しました。治療された患者様は48名となります。(2020年4月15日付)
退院後、フォローはありますか?退院後も定期的にフォローできる体制を作っています。
■ 疼痛管理と対処法
■ 運動習慣の定着
■ 活動の質と量のバランス
■ 生活リズム
■ 就労状況